移動体通信・情報通信

移動体通信

 運送業、宅配業、タクシーなどで、使われる無線通信設備が代表的なものです。車両との連絡をスムーズに行う事で業務効率を上げ、サービスの向上につながります。イベント会場等で使用されるトランシーバー・インカムなども無線機ですし、自治体なども災害時に有効な通信手段として、無線通信設備を導入しています。
 ご利用方法に最適な無線設備をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

業務用無線・MCA無線システム

 警察無線・消防無線・防災無線・鉄道無線・船舶無線・航空無線・タクシー無線などが業務用無線と呼ばれますが、これ以外に一般業務用無線として公共性の高い公私事業者が使用する無線もあります。
 MCA無線とは複数の利用者が複数の周波数を第三者の制御局を介して共同利用するもので。利用者の指令局・移動局には、無線従事者が必要とならいないというメリットがあります。

簡易無線

簡易無線とは、27MHz帯、150MHz帯、400MHz帯(348MHz/351MHz/465MHz帯/467MHz帯/468MHz帯の総称)、900MHz帯、920MHz帯、950MHz帯、50GHz帯を利用する、無線従事者資格を必要としない無線です。

特定小電力トランシーバー

特定小電力無線局(とくていしょうでんりょくむせんきょく)は、免許を要しない無線局、その内のいわゆる小電力無線局の一種である。 電波法による無線局の免許を受けることなく利用することができる。
発射される電波の強さ(空中線電力)は1W(当初は10mW)以下で総務省告示 [1]に定められている。 無線機器には他の無線局の運用を阻害するような混信などの妨害を生じないような機能を備えている。

取り扱いメーカー

アイコム
八重洲無線株式会社
株式会社JVCケンウッド
アルインコ電子株式会社

その他電気・通信設備

LED照明設備(蛍光灯型LED・水銀灯型LED等)の販売・設計・施工
ビジネスホン設計・施工・メンテナンス
LAN設備設計施工
パソコン・サーバー及び業務用アプリケーションやセキュリティ対策関係の提案から販売・メンテナンス
ホームページ作成及び運営管理のサポート
※注
無線従事者・・・電波法に定める無線設備(無線電信、無線電話その他電波を送り、又は受けるための電気的設備)の操作又はその監督を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。業務独占資格。